メニュー

口呼吸になるデメリット - 健康習慣ジム VIVA 水道筋|神戸市灘区 「続けやすさ」と「成果」にこだわったアットホームな小型スポーツジム

お問い合わせ

新着情報一覧

WHAT'S NEW

口呼吸になるデメリット

カテゴリ: ブログ 公開日:2021年02月18日(木)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

前回は正しい呼吸の練習方法をお伝えしました。

 

日常において、運動時以外は鼻呼吸であることが大切です。

 

では、なぜ日常において口呼吸ではいけないのか?

 

口呼吸になることで以下のようなデメリットがあります。

 

・免疫力の低下

 

・姿勢が悪くなる

 

・睡眠の質が悪くなる

 

・虫歯や歯周病になりすい

 

・顔の形が歪む

 

などがあります。

 

では1つ1つ簡単に説明していきます。

 

免疫力の低下については

 

呼吸が鼻を通らない為、

 

鼻による濾過作用がなくなり

 

埃やウィルスが直接体内に侵入しやすくなるからです。

 

もちろん、口から直接侵入しても

 

身体を守る免疫細胞がいるので

 

すぐに体調を崩すことはありませんが、

 

リスクは鼻呼吸に比べて高くなります。

 

 

次に姿勢が悪くなる原因について。

 

これは口を開くことで顎を後ろに引いた姿勢となり、

 

それによって気道が狭くなります。

 

それを解消するために顔を前に突き出して

 

気道を確保するようになります。

 

いわゆるお疲れ姿勢や猫背姿勢となり姿勢が悪くなるのです。

 

長くなりましたので、残りの3つは

 

次回にお伝えします。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。